label_outline若木睦Q&A

若木睦に関するギモン、質問にお答えします。

「若木睦」と一口に言っても、一体どんなサークルなのか、普段はどんな活動をしているのかなど、謎に包まれた部分も多いハズ。そんな謎多き若木睦を気軽に理解できるよう、Q&Aとしてまとめました。

Q.神輿を全く担いだことがありません。それでも若木睦に入れますか?

A.はい、もちろん大歓迎です。

現在若木睦に在籍する會員のほとんどは神輿未経験者でした。広報である私も以前まで神輿に全く興味がなく、入る時も正直不安でしたが、すんなりと會になじむことが出来ました。

神輿についてわからないことがあっても周りの先輩が支えてくれます。きっと楽しく神輿を担げると思いますよ。

Q.活動頻度はどれくらいですか?

A.基本的に月に一回は定例会で集まり、シーズンによっては多くの場所に担ぎに行きます

活動頻度は他の神道系サークルに比べればそこまで多くありません。なので、兼部している會員も多くいます。

ただ、夏から秋にかけては全国各地の神社で例祭など大きなお祭りが増えるため、週に何回か活動がある時もあります。しかしながら、自分の都合に合わせて参加できるので、比較的自由度は高いかと思われます。

Q.「若木睦は”飲みサー”である」という風説が流布しています。実際はどうなんですか?

A.飲み会は他サークルより多めですが、いわゆる”飲みサー”ではありません。

神輿サークルという性質上、飲み会は他のサークルより多めかもしれません(統計は取っていませんが)。しかし参加は基本的に自由ですし、飲めない人への強要などは絶対に行っておりません。ただ、楽しく飲めるサークルであることは間違いありません。

むしろそこら辺のテニサーのほうが危ないので、テニサーに入らずに若木睦に入ってください。

Q.ホームページに活動に関する日誌が少ないです。普段はどんな活動をしていますか。

A.まだホームページは出来たばかりです。詳しくはfacebookページをご覧ください。

このホームページは若木睦の情報を集約するために今年三月新たに設立されました。普段の活動は元々更新されてきたfacebookページをご覧ください。なお、今後は精力的にホームページを更新してまいります。

Q.他のサークルと兼務することは可能でしょうか?

A.はい、可能です。

若木睦は気軽に参加が可能なサークルなので、他のサークルとの両立も可能です。現に若木睦七代目会長はもともと禮法研究會で理事をしていましたし、青葉雅楽會の現会長、みすゞ會の現会長も若木睦に所属しております。

他にも”兼サー”をしている會員が多く所属しております。

Q.若木睦では神輿以外の活動は行っていないのですか?

A.お神輿の他にも、被災地ボランティアや、神道文化学部行事の運営等幅広く活動を行っています。

若木睦と言えばお神輿であることに違いはありませんが、それ以外の活動も行っています。例えば、東北の被災地へのボランティア活動や祭礼参加がそれに当たります。他にも、観月祭や成人加冠式等の神道文化学部行事での斉庭係担当。社会や学部に貢献できるサークルを目指しています。
さらに最近ではお神輿に付随したお囃子の活動も随時行っております。これからも若木睦は活動の幅を確実に広げていきます。詳しくは上記のfacebookページをご覧下さい。

フォローする

若木睦をフォローして最新情報を受け取りましょう!


Follow Me
東日本大震災、熊本県大地震で被災された方々の復興をこころよりお祈り申し上げます。