國學院大學若木祭の伝統ある「神輿渡御」を運営するサークル

國學院大学では七夕の七月七日に「WASOU DAY」が行われました。

若木睦は裏方のスタッフとしてクローク警備やスイカ配布などに参画しました。

和装DAYには多くの学生が参加。若木睦はクロークで和装に着替える学生のサポートを中心に行いました。

5号館下のピロティでは和装の学生にスイカの無料配布を行いました。

配布時には多くの浴衣の学生で賑わいました。

和装の学生と和気藹々と談笑しつつ配布を楽しんでいます。

学生生活課の職員の方が切ったスティック型のスイカをじゃんじゃん配っていきます。

お昼休みには若木睦の真髄であるお囃子もやらせていただき大いに盛り上がりました。急な発案でしたが、多くの会員がお囃子を奏でました。

和装DAYの終盤では赤井國學院大学学長による特別講義も行われ、会場誘導などを若木睦で行いました。

若木睦の会員も最後まで浴衣を楽しんでいました。

若木睦はこれからも國學院大学の団体として大学に貢献し、若木祭の成功に向けて努力して参ります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です