國學院大學若木祭の伝統ある「神輿渡御」を運営するサークル

築地の市場前に位置する波除稲荷神社。若木睦のOBの方の紹介で昨年から例大祭の助勤に参加しております。今年度は14人での参加です。波除稲荷神社は獅子の神輿で有名です。今年は昨年に引き続き影のお祭りでしたが、上の雄獅子の他にお歯黒の獅子が巡行しました。


若木睦會員はその鳳輦の巡行と、桃太郎が起つ山車の運行を行いました。

また、女子會員を中心に高張り持ちも当番しました。

多々幸会の愉快な御囃子と共に、懸命な山車運行が行われました。

若木睦OBの神職も最後の例大祭とあって懸命に奉仕されていました。

道中は常に活況を呈しており、宮入前にはピークを迎えました。最初と最後にお歯黒の獅子神輿が女神輿として渡御し、宮入しました。

美味しそうな場外市場の海の幸を横目に、會員は朝七時から夕方四時頃まで奉仕させていただきました。来年は三年に一度の本祭を迎えます。また機会を頂けたら、是非とも奉仕させていただきたいものです。

記事:副会長

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です